統計数理研究所 創立75周年記念式典のご案内

ホーム 75年の歩み 式典のご案内 記念出版物 記念事業一覧

統計数理研究所は創立75周年となる2019年6月5日、オープンハウスと併せて記念式典・記念シンポジウムを開催します。

日時
2019年6月5日 (水) 15:00~18:00
参加費無料
事前申し込みはこちらから
場所
一橋講堂
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内
内容
《記念式典》
15:00 挨拶 椿 広計 (統計数理研究所長)
藤井 良一 (情報・システム研究機構長)
15:10 祝辞 磯谷 桂介 (文部科学省研究振興局長)
岩崎 学 (統計関連学会連合理事長)
長谷川 眞理子 (総合研究大学院大学長)

《記念シンポジウム》
15:30 講演
『“シン・ニホン” AI × データ時代における日本の再生と人材育成』
安宅 和人 (慶應義塾大学 環境情報学部 教授、ヤフー株式会社CSO)

日本はここまでのAI×データ戦争で米中に大敗しつつある。本講演では時代の俯瞰の上で、我が国の置かれた現状を直視すると共に、その背景をAI×データの戦いにおける基本要素、またリソース配分の視点から振り返り、その上で系としてみた日本に必要な取り組みを特に人材育成視点から議論する。

16:20 パネル討論
『“データ社会の近未来予測図”~25年後に開くタイムカプセル~』
パネリスト:
【金融】池森 俊文
    (元みずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社代表取締役社長)
【製造】吉野 睦 (株式会社デンソー 品質管理部 TQM推進室 SQC推進担当次長)
【報道】辻村 達哉 (一般社団法人共同通信社 編集委員兼論説委員)
【教育】岩崎 学 (横浜市立大学 データサイエンス学部長 教授)
【研究】杉山 将 (理化学研究所AIPセンター長、東京大学 教授)
【大学】長谷川 眞理子 (総合研究大学院大学長)
【産学】安宅 和人 (慶應義塾大学 環境情報学部 教授、ヤフー株式会社CSO)

モデレータ: 樋口 知之 (中央大学理工学部 教授、統計数理研究所 前所長)
近未来に迫るデータ社会について、AI、IoT、ビッグデータ、セキュリティ、データサイエンス等の課題を予測し、様々な分野の専門家が協働して備える方策を探ることを目的として本シンポジウムを開催いたします。 会場に金融、製造、報道、教育、研究、大学、産学の各分野から専門家を迎えて討議し、データ社会の課題とその解決に向けた方策、さらにSDGs (持続可能な開発目標) の理解の一層の深化に寄与します。
司会 
伊藤 聡 (統計数理研究所 副所長)

【10:00~14:30 オープンハウス】
チュートリアル特別講演/研究内容ポスター展示/統計よろず相談室/大学院説明会を開催
*詳しくはオープンハウスホームページをご覧ください。