「問題解決プロセス」に着目した、社会に活かす統計の考え方ワークショップ

【開催日時】
2022年9月3日(土)14:00-17:00
【開催形式】
オンライン(Zoomウェビナー)

要登録参加無料

» 参加登録はこちらから

【趣旨】
本ワークショップでは問題解決プロセスを身近な例や教材によりご説明します。本ワークショップは「社会に活かす統計の考え方」シンポジウム(2022年6月16日開催)のフォローアップとして開催します。このシンポジウムでの新学習指導要領やSTEAM教育に関する議論は、当日のスライド・動画を公開中ですのでご参照ください。
【対象】
初中等教育、統計教育、STEAM教育、問題解決、データサイエンス等にご興味のある方を対象としますが、高校生の参加も歓迎します。
区切り線
プログラム
14:00-14:10 オープニング
「生徒に気づきを与える探究的教材を!」
統計数理研究所長 椿広計
14:10-14:40 ワークショップ1
「Bowland Maths.やCODAPを用いて」
東京学芸大学大学院教授 西村圭一
14:40-15:10 ワークショップ2
「感性を用いた身近な教材」
東京学芸大学先端教育人材育成推進機構准教授 山下雅代
15:10-15:30休憩
15:30-16:00 ワークショップ3
「問題解決プロセスの重要性と将来像」
電気通信大学 特任教授・名誉教授 鈴木和幸
16:00-16:30 講演
「公的統計からの社会課題へのアプローチ」
総務省統計局 統計情報利用推進課 統計利用推進研究官 長藤洋明
独立行政法人 統計センター 統計技術・提供部長 槙田直木
16:30-17:00 まとめ、質疑応答、クロージング
椿広計、鈴木和幸、西村圭一、山下雅代、長藤洋明、槙田直木
区切り線

※プログラムは変更になることがあります。

※視聴時に撮影・録画や録音はお控えくださるようにお願いします。

区切り線
【共催(予定)】
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所、国立大学法人 電気通信大学、国立大学法人 東京学芸大学、総務省統計局、独立行政法人 統計センター
【問合せ先】
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
統計数理研究所 運営企画本部 企画室 URAステーション 特命URA 北村 浩三
E-mail: kitamukism.ac.jp