実践女子大学 来所

昨年に引き続き、10月30日(火)と11月6日(火)に、実践 女子大学生活科学部 生活文化学科生活心理学専攻の1年 生(13名)および2年生(15名)が、引率の作田由依子専任 講師と共に当研究所を訪れました。学生たちの来訪目的は、 統計学と心理学との関係を学ぶことであり、「統計学を学ぶこと で得た知識を、生活の中でどのように活用できるか」、「世論調 査において、調査内容が同じなのに実施主体が異なると結果 が異なるのは何故か」などの関心を持っているとのことでした。

当日は、はじめに田村義保名誉教授の解説のもと、計算機 展示室およびスーパーコンピュータの見学が行なわれました。 またその後には、稲垣佑典 特任助教と芝井清久 特任助教に よって、統計学と心理学の関係についての解説、国際比較調 査の結果解説が行なわれました。  新たに導入されたスーパーコンピュータに驚いたり、国に よって大きく異なる国民性の話を興味深そうに聞いたりと、今 回の訪問は学生たちにとって有意義であったようです。

(社会データ構造化センター)