第10回データ同化ワークショップ

日時
2020年1月30日(木) 13:00〜

参加無料

» 参加登録はこちら

会場
海洋研究開発機構 横浜研究所 三好記念講堂
〒236-0001 神奈川県横浜市金沢区昭和町3173番25
区切り線
プログラム
13:00–13:10趣旨説明・事務連絡
13:10–13:50眞木貴史(気象研)
CO2 flux estimation by top-down approach
13:50–14:30土居知将(海洋機構RIGC)
Oceanic iron distribution of the global ocean estimated by data assimilation approach(海洋溶存鉄のGreen関数法を応用した3次元分布再現について)
14:30–15:10 野村俊一(統数研)
Inversion of spatio-temporal variation in interplate slip rate from repeating earthquakes(繰り返し地震によるプレート間滑り速度の時空間変動の逆推定)
15:10–15:15集合写真撮影
15:15–15:30 休憩
15:30–16:10 雨宮新(理研R-CCS)
Application of machine learning methods to model bias correction: Lorenz-96 model experiments
16:10–16:50山崎哲(海洋機構APL)
Toward practical use of the EFSO diagnosis for adaptive sampling in the global observing system
16:50–17:30 露木義(気象大学校)
Ensemble Kalman filtering based on potential vorticity for atmospheric multi-scale data assimilation
(大気マルチスケールデータ同化のための渦位に基づくアンサンブルカルマンフィルタ)
17:30–17:45総合討論
18:00–20:00懇親会