統計数理研究所 樋口前所長退任記念シンポジウム
「データ駆動型研究を先導するベイズモデリング」 ~ モデリングは人がやるのか、AIが代替するのか ~

区切り線 ベイズモデリングは300年前に発見されたベイズの定理が基になっています。創立75周年を迎えた統計数理研究所にとって、ベイズモデリングは重要な研究テーマです。樋口知之前所長は30年間の研究人生の全てをベイズモデリングに捧げてきました。
本シンポジウムでは、まず学術・産業の広範な分野からデータ駆動型研究を紹介し、次にその根幹を成す統計的モデリングと4半世紀にわたる技術の進展を概括します。さらにAI社会でのモデリング技術の向上において、健全に人に寄り添う重要性を、現場主義との関連で討論します。

区切り線
日時
2019年11月5日(火)13:30-17:50 *開場(受付開始)12:30
場所
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2
学術総合センター2階 一橋講堂

参加費無料、要申込 *7月中旬申込受付開始

区切り線 《プログラム》
13:30 開会
13:30-13:35 挨拶
椿 広計 統計数理研究所長
13:35-14:00 講演1
井元 清哉(東京大学 医科学研究所)
14:00-14:25 講演2
佐藤 忠彦(筑波大学 ビジネスサイエンス系)
14:25-14:50 講演3
長尾 大道(東京大学 地震研究所)
14:50-15:00 休憩
15:00-15:25 講演4
花塚 泰史(株式会社ブリヂストン)
15:25-16:15 退任記念講演
「ベイズモデリングと歩んだ30年」
樋口 知之(統計数理研究所 前所長、中央大学理工学部 教授)
16:15-16:30 休憩
16:30-17:45 パネル討論  
「AI社会での数理モデリングと現場主義の意義と価値」
パネリスト: 合原 一幸(東京大学 生産技術研究所)
早瀬 敏幸(東北大学 流体科学研究所)
鷲尾 隆(大阪大学 産業科学研究所)
花塚 泰史(株式会社ブリヂストン)
モデレーター:樋口 知之(統計数理研究所 前所長、中央大学理工学部)
17:45-17:50 ご挨拶
樋口 知之 統計数理研究所 前所長、中央大学理工学部
17:50 閉会

司会:伊藤 聡 統計数理研究所 副所長
18:30-20:30 意見交換会
会場:一橋講堂近辺

有料、要申込 *7月中旬申込受付開始