研究集会「公的大規模データの利用におけるプライバシー保護の理論と応用」

日時
2018年12月13日(木)-14日(金) 両日とも 10:20~16:50

登録不要・参加無料

場所
統計数理研究所 セミナー室2
主催
  • 科学研究費補助金(基盤研究(B)(一般))研究代表者:佐井 至道
    「公的大規模データの利用におけるプライバシー保護の理論と応用」
  • 科学研究費補助金(基盤研究(C)(一般))研究代表者:間野 修平
    「分割の確率モデルとベイズ的データ解析への展開」
  • 科学研究費補助金(基盤研究(B)(一般))研究代表者:星野 伸明
    「ビッグミクロデータの匿名性評価手法の開発」
  • 統計数理研究所共同利用(一般研究2)研究代表者:佐井 至道
    「公的大規模データの利用におけるプライバシー保護の理論と応用」
区切り線
プログラム

【12月13日(木)】


[午前] 座長:佐井 至道 (岡山商科大学・経済学部)

10:20~11:00
佐井 至道 (岡山商科大学・経済学部)
『秘匿措置が施されたデータのリスク評価の試み』

11:00~11:40
伊藤 伸介 (中央大学・経済学部)・吉武透 (統計センター)・菊池 亮 (NTTセキュアプラットフォーム研究所)・阿久津 文香 (総務省統計局)
『国勢調査ミクロデータにおける攪乱的手法の適用可能性の検証』


[午後1] 座長:佐井 至道(岡山商科大学・経済学部)

12:40~13:20
稲葉 由之 (明星大学・経済学部)
『データ結合による大規模データの構築と公開に関する考察』

13:20~14:00
大和 元 (鹿児島大学・理学部・名誉教授)
『Ewens標本抽出公式のSingletonとDoubletonの個数の分布と近似』


[午後2] 座長:稲葉 由之(明星大学・経済学部)

14:15~14:55
川久保 友超 (千葉大学・大学院社会科学研究院)
『小地域推定モデルの変数選択』

14:55~15:35
廣瀬 雅代 (統計数理研究所・データ科学研究系)
『An Empirical Bayes Confidence Interval for Small Area Inference in the Presence of High Leverage』


[午後3] 座長:稲葉 由之(明星大学・経済学部)

15:50~16:50
沼田 泰英 (信州大学・理学部)
『ヤング図形やヤング盤の数え上げ組合せ論について』

区切り線

【12月14日(金)】


[午前] 座長:間野 修平 (統計数理研究所・数理・推論研究系)

10:20~11:00
星野 伸明 (金沢大学・人間社会研究域経済学経営学系)
『ランダムネスによるプライバシー保護』

11:00~11:40
佃 康司 (東京大学・大学院総合文化研究科)
『Ewens分割の長さの正規近似について』


[午後1] 座長:間野 修平 (統計数理研究所・数理・推論研究系)

12:40~13:20
南 和宏 (統計数理研究所・モデリング研究系)
『複数表データの秘匿処理における差分攻撃対策への取り組み』

13:20~14:00
山下 智志 (統計数理研究所・データ科学研究系)
『法人統計データと民間信用データの統合可能性について:効果と方法』


[午後2] 座長:星野 伸明 (金沢大学・人間社会研究域経済学経営学系)

14:15~14:55
間野 修平 (統計数理研究所・数理・推論研究系)
『Ewens 分割の q 類似とその性質』

14:55~15:35
渋谷 政昭 (慶應義塾大学・理工学部・名誉教授)
『Gibbs Base Random Partition の推測』


[午後3] 座長:星野 伸明 (金沢大学・人間社会研究域経済学経営学系)

15:50~16:50
高橋 克己 (NTTセキュアプラットフォーム研究所)
『データ流通のためのプライバシー保護技術考察』

区切り線