歴代所長の紹介(九代所長:清水 良一)

清水 良一

業績紹介画像

【九代所長】清水 良一

任期:1994(平成6)年4月1日~2002(平成14年)年3月31日

昭和33年3月東京大学教養学部教養学科を卒業後,直ちに同大学院数物系研究科修士課程数学専門課程に入学,昭和34年4月統計数理研究所研究員となり, 研究室長,第1研究部長,国立大学共同利用機関への改組に伴い基礎研究系教授,主幹,企画調整主幹を歴任した.平成6年4月より平成14年3月まで統計数 理研究所長を勤め,研究支援センターの改組,共同利用の改善,共同研究および国際交流の推進をはかり,共同利用機関としての機能の充実,発展に尽力した. また総合研究大学院大学の創設にもかかわり,数物科学研究科教授,同研究科長,統計科学専攻長,運営審議会委員,評議員などを務め,教育,管理,運営に携 わり,発展に尽力した.多くの学術誌の編集にも尽力した.

同氏の研究は統計学の基礎数理に関するもので多岐にわたる.極めて緻密な解析に基づく研究で,なかでも半安定分布に関する研究,中心極限定理の誤差評価, 分布の特徴付け,尺度混合分布の誤差評価を伴った近似理論などの研究で優れた業績をあげ,国際的に高い評価を得ている.これ等の学問的業績により,平成 22年に瑞宝中綬章を授与された.

▲ このページのトップへ | 沿革INDEX