リスク解析戦略研究センター
環境情報に対する統計解析手法開発プロジェクト
  主な研究テーマ
● 有害性微小物質の統計解析
● 化学物質のリスク評価
● 放射線被曝による発癌に関する危険度モデル開発
● 溶存酸素量に関する生態毒性評価法の開発
● 気候変動による都市水システムへの影響評価

■ リスク解析への方向統計学的アプローチ

角度理論分布の例。すべて同じ分布を表す。 角度理論分布の例。すべて同じ分布を表す。

放射能やオゾンの濃度の地域性を評価するには、濃度そのものの統計学的解析とともに、風向との関係のような方向性を加味した解析が重要と考えられます。風向は角度で表現されることから、角度観測値の適切なモデル化と解析がキーの一つです。角度は特別な数理的性質を持つので、方向統計学の枠組みにおいてデータのモデル化とリスク解析を実行することが課題です。

■生態リスク評価


Expected Potentially Affected Fraction
Expected Potentially Affected Fraction

生態リスク評価には、環境濃度や種の感受性の確率変動を明示的に扱えるExpected Potentially Affected Fraction(EPAF)を用いるのが合理的です。現実のデータは不完全である場合がほとんどですが、そうした場合でもEPAFを利用可能にする方法、更には急性毒性データから慢性毒性を推定する方法等についても検討しています。

■ 閉鎖性海域に於ける底層溶存酸素量基準に対する達成率評価

東京湾の溶存酸素量分布 東京湾の溶存酸素量分布

評価対象となる海域においては、高々2,3地点での連続的測定データと広範囲での離散的測定データを統合し評価する方法論の確立が望まれています。現状の環境基準判定においては、離散的測定データのみの判断で各地点の環境基準の満足・不満足の判定が行われています。そこで、最適な離散的測定のサンプリング回数の決定問題や環境基準判定の時空間的評価手法の開発を行っています。

space space