リスク解析戦略研究センター 統計数理研究所 サイトマップ English

研究プロジェクト

本センターは以下のプロジェクトリーダーのもと7つの応用分野におけるプロジェクトで構成されています。


データ中心リスク科学基盤整備プロジェクト 

南 和宏プロジェクトリーダー
プロジェクトリーダー
南 和宏

我が国を中心として、健康・社会・経済・環境に関わる様々なデータを収集・リンケージし、データ中心リスク科学の形成に資する活動を展開しています。特に、情報・システム研究機構新領域融合研究センターで展開されるデータ中心・人間社会科学プロジェクトのデータ基盤整備に関わるプロジェクトを推進しています。 このため、個人情報や法人情報の秘匿化作業などに適したデータエディティング環境を共同研究登録者へ提供することを目指すと共に、データの質の評価・保証技法、個人情報や法人情報の秘匿技術などの検討も進めています。



南 和宏/山下 智志/張 俊超/宮本 定明/元山 斉/椿 広計/岡本 基/武井 美緒
メンバー

リスク基盤数理プロジェクト 

栗木 哲プロジェクトリーダー
プロジェクトリーダー
栗木 哲

自然災害や重篤な疾病・事故など、普段は起こる頻度は少ないものの、一旦発生すると重大な被害をもたらすリスクの要因を定量化するためには、それらの現象を数学的に定式化し、その分布の裾領域の振る舞いに基づいて統計的推論を行う必要があります。本プロジェクトでは裾領域を扱う分野である極値理論、コピュラ理論、 多重比較などについて、それらの数理と計算手法の研究を行っています。また共同研究集会「極値理論の工学への応用」及び「無限分解可能過程に関連する諸問題」の開催を通じて国内外研究者との研究交流を図り、リスクNOEとしての役割を果たします。



栗木 哲/加藤 昇吾/志村 隆彰/高橋 倫也/椎名 洋/吉羽 要直/原 尚幸
メンバー

医療・健康科学プロジェクト 

逸見 昌之プロジェクトリーダー
プロジェクトリーダー
逸見 昌之

本プロジェクトでは、医療と人間の健康に関する諸問題について統計的な側面から解決に寄与していくことを目的とし、各分野の専門家と連携しながら、以下の3 つのテーマを中心に研究を行っています。

・食品・医薬品などの健康影響を評価するための計量的技法の開発と その適用

・先端の医療技術の開発・評価における統計学的な方法論の研究と
その体系化

・自殺やメンタルヘルス上の問題の統計的解明および健康保険政策
への提言



逸見 昌之/江口 真透/野間 久史/三分一 史和/船渡川 伊久子/大谷 隆浩
菅澤 翔之助/椿 広計/岩崎 学/佐藤 俊哉/松井 茂之/手良向 聡/角田 達彦
津本 周作/古川 雅一/中村 良太/丸尾 和司/立森 久照/冨田 誠/久保田 貴文
河村 敏彦/後藤 温/田栗 正隆/竹林 由武
メンバー

環境情報に対する統計解析手法開発プロジェクト

金藤 浩司プロジェクトリーダー
プロジェクトリーダー
金藤 浩司

地球環境に及ぼす人間活動の負荷は増大しています。そこで、正確な環境の現状把握と次なる世代に有効な対策を施行するために計量的手法の重要性が増しています。本プロジェクトでは水・大気・土壌における環境リスク評価、環境モニタリング、環境基準値設定等に関して基盤となる統計的解析手法の研究を行っています。

また、環境科学分野との緊密な横断的協調により、地球環境に関する様々な課題に対して計量的な解析・評価手法の提供を目指しています。



金藤 浩司/島谷 健一郎/間野 修平/清水 邦夫/南 美穂子/滝沢 智/酒井 直樹
堀口 敏宏/橋本 俊次/亀屋 隆志/井本 智明
メンバー

資源管理リスク分析プロジェクト

吉本 敦プロジェクトリーダー
プロジェクトリーダー
吉本 敦

森林資源、農業資源、漁業資源などと言った再生可能な資源は、成長・生産過程において収穫期、収穫量、収穫場所など、人為的に制御可能な決定事項を変化させることにより、農林水産物と言った市場財の生産量ばかりでなく、それに関わり発生する生態系サービスと言った様々な非市場財生産量も変わってきます。ここでは社会現象、自然現象を対象にした資源管理問題に対し決定論的及び確率論的な統計数理モデル、経済活動、自然成長を通した予測モデル、更には最適化による制御モデルの構築を中心に、フィールドワークを通して循環型社会経済システムにおける資源管理リスク分析、評価に関わる研究を行っています。



吉本 敦/瀧澤 由美/伊高 静/久保田 康裕/加茂 憲一/木島 真志/冨田 哲治
メンバー

金融リスクの計量化と戦略的制御プロジェクト

山下 智志プロジェクトリーダー
プロジェクトリーダー
山下 智志

金融マーケットへの投資や企業への融資に伴うリスクに対して、リスク量の把握とそのコントロールを正確に行うことが、社会において大きな課題となっています。

本プロジェクトではこの課題に対して、確率論的もしくは統計学的アプローチにより、方法論を構築します。また実データを扱うことにより、独自のデータベースの開発、モデル作成、システム構築、実証分析を実施します。特に実務家から研究ニーズを吸収し、成果を還元することにより、実用的な研究交流を企画・実行します。



山下 智志/川崎 能典/逸見 昌之/荻原 哲平/野村 俊一/渡邊 隼史/田上 悠太
長幡 英明/國友 直人/津田 博史/本田 敏雄/宮本 道子/大野 忠士/藤井 聡晶
吉野 貴/塚原 英敦/西山 陽一/吉田 朋広/安藤 雅和/深澤 正彰/清水 泰隆
佐藤 整尚/岡田 幸彦/柳本 武美/小池 祐太
メンバー

地震予測解析プロジェクト

庄 建倉プロジェクトリーダー
プロジェクトリーダー
庄 建倉

統計モデルによる地震活動の計測、異常現象の定量的研究、及び、それらにもとづく地震発生確率予測モデルとその評価法などについて研究します。またリスク関連科学の分野間交流によって、共通する突発事象系列の発生データから予測の基礎となる危険強度の各種モデル化や推論と予測法について汎用化を促進します。そして、危険の背後情報との因果関係などのリスクの構造を理解し、危険強度を予測する新モデルを開発することを狙います。



庄 建倉/野村 俊一/熊澤 貴雄/尾形 良彦/岩田 貴樹/Enescu, Bogdan Dumitru
松浦 充宏/近江 崇宏
メンバー
space