第48巻(2000年)  −目次−

第1号第2号

第48巻 第1号

《ページ》《 タイトル/著者名 》
特集「統計的日本人研究の半世紀」
1-2 「特集 統計的日本人研究の半世紀」について
坂元 慶行
3-32 日本人の考えはどう変わったか − 「日本人の国民性調査」の半世紀 −
坂元 慶行
33-66 これからの国民性研究 − 人間研究の立場と地域研究・国際比較研究から計量的文明論の構築へ −
林 知己夫
67-76 日本人の国民性調査の周辺
西平 重喜
77-92 変化してゆく日本文化 : その要素と原因
黒田 安昌
93-119 質問項目のコウホート分析 − 多項ロジット・コウホートモデル −
中村 隆
121-145 UNISCALによる「日本人の国民性調査」データの分析
土屋 隆裕
147-178 近年5回の国民性調査の標本設計と標本精度について
前田 忠彦、中村 隆
179-195 日本人の国民性調査関連文献と資料

197-212 重み付き最尤推定量の情報量規準を用いた能動学習アルゴリズムの提案
金森 敬文、下平 英寿
213-227 マクロ経済指標値の公表が外国為替市場に与える影響
桑名 陽一、須齋 正幸、川崎 能典
229-251 予測個体数の期待値に基づく個票データのリスク評価
佐井 至道

公開講演会要旨
253 統計的日本人研究 − 「日本人の国民性調査」の半世紀 −
坂元 慶行
255-258 国民性と変化 − 年齢・時代・世代、どれが意識の違いを生むか −
中村 隆
259 国民性の国際比較 − 計量的文明論の構築へむけて −
林 知己夫

261-265 平成11年度 統計数理研究所 共同研究

go to the top of this page top of this page

第48巻 第2号

《ページ》《 タイトル/著者名 》
特集「"ことば"新研究」
269 「特集 "ことば”新研究」について
村上 征勝
271-287 自然言語における統計手法を用いた情報処理
金 明哲
289-310 和歌データからの類似歌発見
竹田 正幸、福田 智子、南里 一郎、山崎 真由美、玉利 公一
311-326 多変量解析による文章の所属ジャンルの判別 − 論理展開を支える接続語句・助詞相当句を指標として −
村田 年
327-337 因子分析による共観福音書問題の解析
三宅 真紀、赤間 啓之、佐藤 研、中川 正宣
339-376 調査における自由回答データの解析 − InfoMinerによる探索的テキスト型データ解析 −
大隅 昇、Ludovic Lebart

377-405 平成11年度 研究報告会要旨

go to the top of this page top of this page