2018 年 3 月より, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究部会 最適化とその応用 (Workshop on Optimization and its Applications, OPTA) が開始しました. 研究部会についての詳細はこちらをご覧下さい.

次の研究会

日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究部会 最適化とその応用 (OPTA) では, 第 2 回研究会を以下の要領で行ないます. みなさまお誘い合わせの上ご参加下さいませ.

  • 日時: 2018 年 5 月 12 日 (土) 13:30--18:00 (開場は 13:00 頃)
  • 会場: 中央大学後楽園キャンパス 3 号館 3 階 3300 号室 (交通アクセス, キャンパスマップ)
  • 講演 1
    • 講演者: 吉本敦氏 (統計数理研究所 モデリング研究系)
    • 講演題目: 森林資源管理と数理計画法
    • 講演概要: 森林資源管理において, 森林を「いつ, どこから, どのくらい」採取するかを決めることは, 古くから取り組まれてきました主要な課題の一つです. このような意思決定をサポートするツールとして, 資源の採取量あるいはそこから得られる利益の最大化と言った資源管理の目的に対して, 与えられた条件下で最適な採取量・方法の在り方を探索できる最適化モデルが構築されてきました. そして, 地域的な政策や経済的な要求に対応すべく広くその開発・応用がすすめられてきました. 特に, 最適な時空間的配置を考慮した管理の探索ができる整数計画法は, 大規模な資源開発, あるいは土地利用の変化に伴う環境への負荷を評価するアプローチとして注目されています. 例えば, 空間的に隣接し合う土地の利用を同時期に行うことができないという条件を加えることで, 利用が空間的に分散され, 大規模な利用の創出を避けることができます. また, 老齢林を取り囲む林地の集約化により生態系保護も達成しながら, 資源の管理を展開することができます. 本発表では, これまでに開発されて来ました最適化モデルを紹介するとともに, 最近の研究成果を報告いたします.
  • 講演 2
    • 講演者: 山下真氏 (東京工業大学 情報理工学院 数理・計算科学系)
    • 講演題目: 樹木園種別構成問題に現れる錐最適化問題への効率的な解法の構築
    • 講演概要: 樹木園の設計段階では, 複数の遺伝子候補の中からどのように遺伝子を選抜するか, という種別構成問題が重要な最適化問題として需要があります. 特に, 遺伝子の多様性を表す制約式には, 錐最適化問題と密接な関係があることが分かってきました. 本発表では, 種別構成問題についての基本的な数学的性質について触れた後, 数理最適化アプローチに基づいた効率的な解法を紹介していきます. 本発表は, Tim Mullin 氏, Sena Safarina 氏らとの共同研究の内容を含みます.
  • 参加費用: 無料
  • 参加資格: 自由 (会員/非会員不問)
  • 事前申込: 不要
  • 懇親会: 研究会終了後 18:30 頃から会場付近で懇親会を開催する予定です. 交流を深めるよい機会ですので, こちらもあわせてご参加下さいませ.

その次の研究会

日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究部会 最適化とその応用 (OPTA) では, 錐最適化やロバスト最適化において世界的に顕著な研究業績を挙げられている Prof. Emer. Aharon Ben-Tal をお招きして第 3 回研究会を以下の要領で行ないます. 万障お繰り合わせの上ご参加下さいませ.

  • 日時: 2018 年 5 月 26 日 (土) 14:00--17:00 (開場は 13:30 頃) および 27 日 (日) 10:00--13:00 (開場は 9:30 頃)
  • 共催: 理化学研究所 革新知能統合研究センター
  • 会場: 理化学研究所 革新知能統合研究センター Meeting Rooms (交通アクセスおよびフロアマップ)
  • 講演者: Prof. Emer. Aharon Ben-Tal (Technion - Israel Institute of Technology)
  • 講演題目: Robust Optimization: the need, the challenge, the success
  • 講演概要:

    The Need: Optimization problems are affected by uncertainties, either due to inaccuracy in measurements, lack of timely information on values of parameters (which incurs estimation errors), and limitation on executing accurately a computed solution (causing implementation errors). Due to these uncertainties a solution may divert from the expected optimality, and even worse; can lead to infeasibility. Consequently, there is a great need to come up with a method that can address the above difficulties.

    The challenge is to introduce a methodology which on one hand will not impose on the user of the optimization the need to provide information on the uncertainties, which he cannot deliver, and on the other hand will not impose on the optimizer the need to solve intractable optimization problems, in particular dynamic (multi‐stage) ones. Robust Optimization (RO) is an attempt to meet these challenges. The talks will explain and demonstrate how this is achieved.

    The success: RO created a new branch of optimization theory; this is evidence by huge number of publications addressing topics in RO. What is even more impressive is the large number of diverse applications of RO (Google Scholar lists over 46,800,000 items when one clicks "application of robust optimization"!)

  • 参加費用: 無料
  • 参加資格: 自由 (会員/非会員不問)
  • 事前申込: こちらからの事前申し込みをお願いいたします. 先着順でお席を確保いたします. なお, 定員に達した際には申し込みを締め切らせていただく可能性がございます. お早めにお申し込み下さい.

最適化とその応用: 未来を担う若手研究者の集い 2018

日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究部会 最適化とその応用 (OPTA) では, 定例研究会の他に, 学生を中心とする若手研究者の研究発表・交流の場として, 未来を担う若手研究者の集い 2018 と題した 2 日間の研究集会を以下の通り企画しております. 最適化を扱っている方はもとより, 最適化関連分野の研究者が交流をなすべき話題をお持ちの方々のご参加をお待ちしております. 詳細はこちらをご覧ください.

メーリングリスト

日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究部会 最適化とその応用 (OPTA) では, 研究会の開催案内などをメーリングリストを用いて配信しています. 新規登録のご希望や登録変更のご希望などがございましたら, 幹事までお気軽にご連絡下さい. なお, 同様の情報は日本オペレーションズ・リサーチ学会のメーリングリスト等にも投稿しております.

過去の研究会

リンク

問い合わせ先

  • 主査: 高松瑞代 (中央大学) takamatsu (ㆁᴗㆁ✿) ise.chuo-u.ac.jp
  • 幹事: 田中未来 (統計数理研究所) mirai (۶•̀ᴗ•́)۶ ism.ac.jp