第54巻(2006年)  −目次−

第1号第2号

第54巻 第1号

《ページ》《 タイトル/著者名 》
特集「統計科学とリスク解析」
1-3 「特集 統計科学とリスク解析」について − リスク解析の価値依存性とプロフェッショナルの役割 −
椿 広計
5-21 イントラデイVaRによるGARCHモデルの比較実証
森本 孝之、川崎 能典
23-38 時間依存共変量を用いたハザードモデルによるデフォルト確率期間構造の推計手法
山下 智志、安道 知寛
39-55 社債価格モデルによる格付け変化情報 : 格付け変化の予測
津田 博史
57-78 トレンド予測に基づく天候デリバティブの価格付けと事業リスクヘッジ
山田 雄二、飯田 愛実、椿 広計
79-103 MBS評価におけるCPRモデルのパラメータセンシティビティ
片岡 淳
105-122 階層ホログラフィックモデリング法の適用によるリスクアセスメントプロセス改善の試み
下平 利和、Hua Xu
123-146 環境汚染に対する未確認発生源の寄与率の推定
柏木 宣久、吉澤 正、茨木 剛、加藤 謙一、橋本 俊次、佐々木 裕子
147-175 リスクモデルにおける離散確率分布の漸化式
北野 昌志、青山 一基、清水 邦夫

177-190 von Mises分布における経験Bayes推定
叶 雄、大西 俊郎
191-206 傾向スコアを用いた補正法の有意抽出による標本調査への応用と共変量の選択法の提案
星野 崇宏、前田 忠彦

go to the top of this page top of this page

第54巻 第2号

《ページ》《 タイトル/著者名 》
特集「予測と発見」
209-210 「特集 予測と発見」について
樋口 知之
211-222 拡張アンサンブル法による膜タンパク質の立体構造予測
小久保 裕功、岡本 祐幸
223-245 熱帯太平洋での気候変動に関連した海洋データ同化の最近の発展
蒲地 政文、藤井 陽介、石崎 士郎、松本 聡、中野 俊也、安田 珠幾
247-264 日本海循環データ同化モデル
広瀬 直毅、万田 敦昌
265-280 植物プランクトンの動態と海面水温および光合成有効放射照度との関係について
清藤 秀理、甫喜本 司、齊藤 誠一
281-297 パターンインフォマティクスを用いて将来の地震の発生場所を予測する : レヴュー
楠城 一嘉、J.R. Holliday、C.-c. Chen、J.B. Rundle、D.L. Turcotte
299-314 知識循環型事故サーベイランスシステム
本村 陽一、西田 佳史、山中 龍宏、北村 光司、金子 彩、柴田 康徳、溝口 博
315-331 グラフマイニングとその統計的モデリングへの応用
鷲尾 隆、樋口 知之、井元 清哉、玉田 嘉紀、佐藤 健、元田 浩
333-356 異種ゲノムデータの統合による遺伝子ネットワーク推定手法
玉田 嘉紀、井元 清哉、宮野 悟
357-373 カーネル法による複数のゲノムデータからのタンパク質間機能ネットワークの推定
山西 芳裕、Jean-Philippe Vert
375-403 予測と発見 : ゲノムデータ解析のための統計的方法を目指して
江口 真透
405-423 遺伝子発現データに基づく予測と推定 : 言いたいことと言えること
大羽 成征
425-444 ベイズ型時系列モデルによる成分分解を用いたネットワークトラヒックの定量的分析法
生駒 哲一、八名 和夫
445-459 存続時間分析による美容院顧客の来店確率予測
小西 葉子
461-480 感染症流行の予測 : 感染症数理モデルにおける定量的課題
西浦 博、稲葉 寿
481-510 予測の平均二乗誤差を基準とするモデル選択について
片山 直也
511-523 計算論から見たランダムネス
渡辺 治

go to the top of this page top of this page