• HOME
  • 専攻長からのメッセージ

専攻長からのメッセージ

統計科学専攻について

統計科学専攻長   藤澤 洋徳 

 

【統計科学専攻】 統計科学専攻は,統計数理研究所を基盤機関とし,総合研究大学院大学の複合科学研究科の一専攻として,統計数理に関する教育研究活動を行っています.統計科学専攻は総合研究大学院大学の開学に合わせて1988年度に設置されました.2005年度には3年の博士課程から5年一貫制博士課程に移行しました.それ以降,「博士課程(5年一貫制)」(学部修了レベルの学生・社会人などを対象)と「博士課程(3年次編入学)」(修士修了レベルの学生・社会人などを対象)の2つの課程から構成され,現在に至っています.

【統計数理研究所】 統計科学専攻の基盤機関は統計数理研究所です.当研究所は1944年に統計科学の学術研究を目的に文部省直轄の研究所として設置されました.それ以後,大学共同利用機関への改組や法人化などさまざまな変遷を経ながら,現在に至っています.「情報量規準AIC」「数量化理論」「モンテカルロフィルター(粒子フィルター)」などの開発と提唱をはじめとして統計科学における多大な研究成果を上げて,我が国のみならず世界における統計数理研究の中心的な研究機関として,学術の発展に寄与してきました.現在は,「モデリング研究系」「データ科学研究系」「数理・推論研究系」の3研究系を基盤として,「リスク解析戦略研究センター」「データ同化研究開発センター」「統計的機械学習研究センター」「ものづくりデータ科学研究センター」「医療健康データ科学研究センター」の5センターが設置されています.人文系から理工系まで幅広い学際的な研究が行われています.

【専攻の基本方針と求める学生像】 現実社会からの情報ないし知識の抽出を,データに基づいて実現するために,データ収集の設計・モデリング・推論・予測およびこれらの基礎・数理・応用に係わる教育研究を行い,複雑に相互に絡み合うさまざまな重要課題の解決に貢献する創造性豊かな研究能力を備えた人材の育成を目的としています.また,統計科学に対して強い関心を持ち,未知の問題の解決や新領域の開拓を志す意欲のある学生,特に,既存の学問分野にこだわらず新たな学術体系の創出を目指し,不確実な現象に対してデータに基づいて推論し行動するという広義の意味での統計科学の構築に,さまざまな分野を背景として力強く参画したいという高い志を持った学生を求めています.

【専攻で学べること】 統計数理研究所の研究者の研究発表を中心とした「統計数理セミナー」が毎週開催されています.研究集会も頻繁に開催されています.日本からだけでなく外国からの訪問研究者も多く,国際研究集会も多く開催されています.最先端の研究にスムーズに触れられる環境が整っています.様々なプロジェクトが動いており,学生でも興味のあるプロジェクトに参画することも可能です.研究指導においては,主任指導教員だけでなく,副指導教員も用意されており,視野の広い研究者になるための体制が整えられています.また,基礎力を身に付けるための,様々な共通専門基礎科目や専門科目が用意されています.日本において,統計科学を学んで研究する上で,これ以上にない環境と言えましょう.