医薬品製造販売後データベース調査方法論プロジェクト

医薬品製造販売後データベース調査方法論プロジェクト

医薬品の製造販売後の調査及び試験の実施の基準に関する省令(GPSP省令)の改正によって、既存の医療情報データベースを活用する「製造販売後データベース調査」を実施することができるようになりました。しかし、既存の医療情報データベースには、様々な制約があり、適切な調査を行うためには、薬剤疫学的な研究デザインの適用が求められます。本プロジェクトでは、製造販売後データベース調査のデザインにおける統計学的な課題の検討を行います。