アジア・太平洋価値観国際比較調査



― 香港2011調査 ―


調査対象香港特別行政区在住で18歳以上の男女(成人)
標本数1,000名(100 地点)(割り当て法のため、回収標本数も同数)
抽出法多段抽出(TPUとその中の地点、および個人)

【抽出方法】
1) 調査地域:中華人民共和国香港特別行政区
2) Tertiary Planning Units (香港における行政区域、TPU)を第1次抽出単位として、世帯数に確率比例して50 のTPU を抽出。
3) 無作為に、各TPU から2 地点のLiving Quarters と呼ばれる居住地区を抽出。
4) 50 のTPU を10 ずつ、I からV の5 グループにまとめ、各グループ内で性別・年齢層(10 歳刻み)の人口分布を勘案して、割り当て表を作成し個人を抽出。したがって、各グループは20 地点ずつ、5 グループの総計は100 地点となる。また、各地点では10 名ずつの回答者を求め、総計で1000 名の回答者を求めることになる。
調査期間2011年11月22日から4月26日
調査方法個別面接聴取法
調査票香港2011調査報告書(統計数理研究所調査研究リポートNo.107)の347〜361ページに掲載。
詳細集計表属性別のより詳細な集計表を閲覧できます。
日本USA北京上海香港台湾
韓国シンガポールオーストラリアインドベトナム

※各国のデータ集計表の中での英訳質問文は便宜的なものです。正確を期すために、各国の調査票の原文を参照してください。
※自由回答質問項目の回答分布については、調査研究リポートを参照してください。

その他、調査に関する詳細は北京・上海2011調査報告書(統計数理研究所調査研究リポートNo.105)の16〜27ページをご覧ください。




戻る