リスク解析戦略研究センター 統計数理研究所 サイトマップ English

地震予測解析プロジェクトhp space リスク科学NOE hp space
チラシはこちら

第7回 自殺リスクに関する研究会


<概要>

統計数理研究所にて開催されてきた自殺リスクに関する研究会は、本年度で最終回となります。これまで、多くの方にご支援いただきながら、自殺の問題に関するエビデンスを集積・展開するための方法論を議論してきました。最終回はこれまでの取り組みを振り返りながら、今後の展開を議論する会にできたらと考えております。皆様のご参加をお待ちしております。


<日時>

2017年2月26日(日) 10:30~14:00


<場所>

統計数理研究所 セミナー室2(3階 D304室)
 (〒190-8562 東京都立川市緑町10-3)
 アクセス方法はこちら


<主催>

統計数理研究所 リスク解析戦略研究センター


<後援>

厚生労働科学研究
 「学際的・国際的アプローチによる自殺総合対策の新たな政策展開に関する研究」
 (研究代表者:本橋豊(京都府立医科大学大学院医学研究科))


<プログラム>

10:30-10:35
  開会の辞
  椿 広計(統計数理研究所・(独)統計センター)

【セッション1 10:35-11:35】

 10:35-10:55
  「精神保健の疫学研究に携わって:精神科の受療データ解析を中心に」
  立森 久照 (国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所)

 10:55-11:15
  「自殺死亡の地域統計を用いた空間集積性の検出と視覚化」
  久保田 貴文(多摩大学経営情報学部)

 11:15-11:35
  「空間データ解析と可視化:精神保健福祉施策に向けた有効活用」
  高橋 邦彦 (名古屋大学大学院医学系研究科 臨床医薬学講座生物統計学分野)



----- 昼休憩  11:35-12:30 -----


【セッション2 12:30-13:50】

 12:30-12:50
  「過量服薬の再発予防に向けた臨床疫学研究」
  奥村 泰之 (一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会 医療経済研究機構 研究部)

 12:50-13:10
  「藤田先生の先行研究に学んだ精神保健統計の基礎」
  河野 稔明 (国立精神・神経医療研究センター病院 司法精神科臨床研究センター)

 13:10-13:30
  「30年間の市区町村自殺統計から見えてきた、地域間格差の実態と対策の課題」
  岡 檀 (和歌山県立医科大学 地域イノベーション戦略支援プログラム)

 13:30-13:50
  「市区町村の自殺対策と精神保健に係る資源配置との関連」
  中西 三春 (東京都医学総合研究所 精神保健看護研究室)



13:50-14:00
  閉会の辞
   椿 広計


<連絡先>

  統計数理研究所 竹林 由武
  Mail: ytake2(at)ism.ac.jp ※お手数ですが (at)を@に変換してお送りください。

space