リスク解析戦略研究センター 統計数理研究所 サイトマップ English

地震予測解析プロジェクトhp space リスク科学NOE hp space
チラシはこちら

第6回 自殺リスクに関する研究会

テーマ「エビデンスに基づく自殺問題の総合的対策の確立に向けて」


<概要>

政策評価、疫学、予防的支援等の自殺対策に関する各領域の研究を専門とされている方に話題提供いただき、各領域のレベルのエビデンスをどのように統合し、総合的な支援策の提言に繋げていけるかを議論する。


<日時>

2016年2月21日(日) 13:00~17:00


<場所>

統計数理研究所 セミナー室2(3階 D304室)
 (〒190-8562 東京都立川市緑町10-3)
 アクセス方法はこちら


<主催>

統計数理研究所 リスク解析戦略研究センター


<後援>

厚生労働科学研究
 「学際的・国際的アプローチによる自殺総合対策の新たな政策展開に関する研究」
 (研究代表者:本橋豊(京都府立医科大学大学院医学研究科))


<プログラム>

13:05-
  開会挨拶・趣旨説明
  椿 広計(統計数理研究所・(独)統計センター)

【セッション】

 座長:竹林 由武 (統計数理研究所)
 13:05-13:35
  演題1:「自殺手段の経年変化-潜在成長曲線モデルによるパターン抽出-」
  竹林由武 (統計数理研究所)

 13:35-14:05
  演題2:「糖尿病と自殺・事故のリスク:地域住民コホートを用いて」
  山内貴史 (国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所)

 14:05-14:35
  演題3:「問題発生時の援助要請を促進する要因に関する検討
~地域の自殺予防対策の観点から」  
  須賀 万智 (東京慈恵会医科大学医学部)


----- 休憩  14:35-15:00 -----


15:00-15:30
  演題4:「自治体の年齢別人口ベクトルに着目した自殺傾向の分析」
  岩井 淳 (群馬大学社会情報学部)

 15:35-16:05
  演題5:「動的グラフを用いた自殺の地域統計の視覚化とインタラクティブ操作について」   久保田貴文 (多摩大学経営情報学部)


【総合討論】

 16:10-16:40
  座長:竹林由武(統計数理研究所)

 16:30-
  閉会の挨拶
   竹林由武(統計数理研究所)


<連絡先>

  リスク解析戦略研究センター 竹林 由武
  Mail: ytake2(at)ism.ac.jp ※お手数ですが (at)を@に変換してお送りください。

space