統計数理研究所 リスク解析戦略研究センター 健康科学センター設立準備室

公開講座『ネットワークメタアナリシス:CERにおけるエビデンス統合の方法』

近年、Lancet誌やBMJ誌などの臨床医学の一流ジャーナルで、ネットワークメタアナリシス(network meta-analysis)という新しい方法論を用いた研究が大きな話題を呼んでいます。欧米でのComparative Effectiveness Research(CER)の振興を受けて、医療技術評価や臨床疫学・薬剤疫学において、薬剤の比較有用性の評価などには大きな関心が持たれていますが、ネットワークメタアナリシスとは、過去に行われた臨床試験の結果を統合し、利用可能な治療法の有効性・安全性を系統的に比較するための新しいメタアナリシスの方法論です。本公開講座では、Lancet誌などに報告された論文の事例をもとに、EBMの新しい方法論であるネットワークメタアナリシスについて、平易な解説を行います。また、統計解析ソフトウェアStataを用いたネットワークメタアナリシスのデータ解析の実習を行います。統計が苦手な方や、Stataをはじめて使われる方でも、数式を使わない、平易な解説を行いますので、どうぞお気軽にご参加ください。

開催要項

日 時:2017年12月22日(金) 18:30-20:30
会 場:慶應義塾大学薬学部1号館マルチメディア講堂 [Access
講 師:野間久史(統計数理研究所)
共 催:慶應義塾大学薬学部,慶応義塾大学大学院健康マネジメント研究科
参加費:無料
参加申込み:E-mailで、biostat@ism.ac.jpまで、氏名・所属・連絡先(メールアドレス)を添えて、お申込みください。[※定員となりましたので、募集は締め切らせていただきました。

※実習用のノートパソコンは、ご持参ください。実習で使うStataにつきましては、参加登録をされた方々には、ショートコース用のパッケージのご案内をいたしますので、今回の講座のために、新たにご購入いただく必要はありません。

事例データとStataによる解析プログラム

ダウンロードは,こちらから(WIP)
※参加登録をされた方々には、公開講座1週間前頃までに、ダウンロードのためのコードのご案内をいたします。

リンク

慶應義塾大学薬学部
慶応義塾大学大学院健康マネジメント研究科

お問い合わせ

本公開講座に関するお問い合わせは、こちらからお願いいたします。