ご挨拶

センター長

医療健康データ科学研究センター長

伊藤 陽一

医療健康データ科学研究センターは、統計数理研究所が蓄積してきた、統計数理研究・人材育成事業の基盤と国内外に拡がる研究ネットワークをもとに、医学・健康科学領域における先進的なデータサイエンスの研究・教育を推進することを目的として、平成30年4月に設立されました。

諸外国に比較して、我が国の医学アカデミアにおいては、長らく統計学の専門家の極端な不足、また、統計教育の体制の未整備が大きな問題となっていることは広く知られるところです。一方で、1990 年代以降の科学的根拠に基づく医療(Evidence-Based Medicine)の振興を受けて、現代の医学・健康科学研究において、データサイエンスの果たす役割はますます重要なものとなっており、アカデミアで行われる臨床研究・臨床試験では、高度な統計解析手法を用いたデータ解析が既に必須のものとなっています。また、国際医学ジャーナルの多くで、統計専門家によるレビューが行われることも一般的なものとなっており、先端医学研究の国際競争においても、もはやデータサイエンスの力は必須のものとなっています。

このような現況から、本邦の医学アカデミアにおける統計教育・研究支援体制の整備、および、これらの研究を担うデータサイエンス研究の高度化は急務となっており、本センターは、統計数理研究所の有する先進的な研究・教育の基盤をもとに、これらの事業を推進することを使命としています。センターでは、最新の統計的手法・方法論を系統的・網羅的に提供する教育コース、医学・統計研究の実地教育(on-the-job-training)プログラム、医療健康科学分野に関連した公開講座を実施し、人材育成に取り組むとともに、これらの事業をもとにしたe-learningプログラムの構築などを行い、将来的に関連する研究コミュニティの共有財産とできるような教育コンテンツを作り上げていく予定です。加えて、センターでは、創薬・医療・ヘルスケア・公衆衛生などを対象とする6つの研究プロジェクトを推進しています。医学研究のデータサイエンスの基盤を支える基礎数理から、種々の研究領域ごとの高度な応用理論、最先端の人工知能・機械学習やビッグデータ解析まで、最新の医学研究で求められるさまざまなニーズに応えるための新たなデータサイエンスの基盤作りをめざしていきます。

また、大学共同利用の精神に基づき、センターは産・官・学の人々に対して、常にオープンであり、多くの方々に価値あるコンテンツと研究成果を提供できるよう、研究ネットワークの構築をめざしていきます。我が国における医学研究の実施・支援体制のさらなる充実と発展のために、全力をもって取り組んでいく所存ですので、ご指導ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。