疫学・公衆衛生統計コース

概要

疫学・公衆衛生における統計的な側面について学びます。大学や企業の生物統計家を中心とする医学系研究者を対象とした中級レベルのコースです。疫学・公衆衛生の概要や研究デザインについて学んだ後、年齢・時代・世代効果、空間統計学、遺伝・分子疫学、因果推論、経時データ解析などの各テーマについて、魅力的な講師陣より学びます。10月から12月に開催予定です。

オーガナイザー

船渡川伊久子(統計数理研究所)

開催要項

詳細につきましては、確定し次第、ご案内申し上げます。

コースの構成

  1. 疫学・公衆衛生学概論 大橋靖雄(中央大学)
  2. 疫学I 疫学とはなにか? 佐藤俊哉(京都大学)
  3. 疫学II 代表的な疫学研究:コホート研究とケース・コントロール研究 佐藤俊哉(京都大学)
  4. 年齢・時代・世代効果I 中村隆(統計数理研究所)
  5. 年齢・時代・世代効果II 中村隆(統計数理研究所)
  6. 空間疫学 丹後俊郎(医学統計学研究センター)
  7. 遺伝・分子疫学 田中紀子(国立国際医療研究センター)
  8. 因果推論I 篠崎智大(東京大学)
  9. 因果推論II 篠崎智大(東京大学)
  10. 経時データ解析 船渡川伊久子(統計数理研究所)