モデリング研究系 (Department of Statistical Medeling) | 統計数理研究所

モデリング研究系 (Department of Statistical Medeling)

多数の要因に関連する現象の構造をモデル化し、モデルに基づいて統計的推論を行う方法を研究する。モデリングに基づく予測と制御、複雑なシステムのモデリング、データ同化によるモデリングを通じて、分野を横断するモデリングの知の発展に寄与することを目指す。

 

予測制御グループ (Prediction and Control Group)

時間的・空間的に変動する現象に関わるデータ解析やモデリングを通じて、現象の予測や制御・意思決定、科学的発見の観点から有効に機能する統計モデルの開発・評価に取り組む。解析の障害となる欠測や検出率変化など、データの時間的・空間的な不完全性、不規則性、不均一性等の諸制約、および先見情報を反映したベイズ型モデルの研究を進める。

 

複雑構造モデリンググループ (Complex System Modeling Group)

非線形システムや階層的ネットワークなど、複雑なシステムの統計数理的モデリングを行い、その構造を明らかにする研究を進める。その手段としてモンテカルロ法などの確率的シミュレーションの方法や、離散数学および計算機科学に関連する諸問題も考察する。さらに、ソフトウェアの開発などを通じた研究の社会実装も目指す。

 

データ同化グループ (Data Assimilation Group)

大量の観測データに基づいた超高次元状態変数の逐次ベイズ推定など、数値シミュレーションと観測・実験データをつなぐ基盤技術であるデータ同化の研究を推進する。各応用分野における計算アルゴリズムの開発や超高並列計算機システムへの実装を通して、リアルタイムに未来予測が可能な次世代シミュレーションモデルを構築することを目指す。

English