データ科学研究系 (Department of Statistical Data Science)

不確実性と情報の不完全性に対処するためのデータ設計方法、証拠に基づく実践のための計量的方法、およびこれらの方法に即応したデータ解析方法、さらに複雑・大量の多次元データの探索的解析方法の研究・開発を行う。
 

調査科学グループ (Survey Science Group)

調査法をはじめとした多様な条件・環境下での統計データ収集法の設計と、収集デザインに即した統計的推論・解析法の研究・開発、ならびにそれらの応用に関する研究を進める。データの取得法と解析法の研究に取り組むだけでなく、さまざまな領域における複雑な現象の社会調査法等による解明に資する実用的研究を目指す。 

 

計量科学グループ (Metric Science Group)

これまで測定されてこなかった現象の計量化、また膨大なデータベース等からの効率的な情報抽出を通して、統計的証拠を同定し、評価する研究を進める。そのための方法、および得られるデータの解析方法の研究・開発を行い、実質科学の諸分野における応用研究に取り組むことにより、証拠に基づく実践的な応用統計数理研究を展開する。
 

構造探索グループ (Structure Exploration Group)

科学の対象である様々な生命・物理・社会現象に対し、その背後にある潜在的「構造」を 観測データから推測するための統計科学の研究を行います。機械学習、ベイズ推論、実験計画 法、時空間解析等を方法論の中心とし、対象現象におけるミクロ・メゾ・マクロな構造や 時空間の動的な構造に関する研究を行います。

English