データ同化研究開発センター/調査科学研究センターの設置について


 統計数理研究所は、2011年1月1日、「データ同化研究開発センター」(センター長:樋口知之研究主幹・教授)および「調査科学研究センター」(センター長:吉野諒三教授)の2つのセンターを,新たな研究施設として設置しました。
 この2つのセンターは,リスク解析戦略センターとともに,研究所が今年度から取り組んでいる「NOE(Network Of Excellence)形成事業」の中核となる研究施設であり,データ同化研究開発センターは「次世代シミュレーションNOE」,調査科学研究センターは「調査科学NOE」の分野で広く他機関と連携をとり,研究活動を推進していきます。
 * NOEに係る詳細なホームページは後日公開する予定です。
 

 ※画像をクリックすると拡大します

 データ同化研究開発センター遷移図 調査科学研究センター遷移図