筑波大学ビジネスサイエンス系・大学院ビジネス科学研究科と協定締結

統計数理研究所は2012年12月12日,筑波大学ビジネスサイエンス系・大学院ビジネス科学研究科と教育研究に関する協定を締結しました。

当日は,猿渡康文筑波大学ビジネスサイエンス系長が統数研を来訪。所長室にて調印が行われ,統数研からは樋口知之所長,椿広計副所長,丸山宏サービス科学研究センター長及び中野純司統計思考院長が出席しました。

この協定では,両機関がそれぞれの特色を活かした大学院生や若手研究者への研究手法の指導の支援といった人材育成をはじめ,相互の研究プロジェクトへの参画,統数研のサービス科学NOEに関連する活動等について述べられており,両機関の協力による各教育研究活動のいっそうの充実が期待されます。

協定期間は2017年3月までで,両機関に変更等の意思がない限り,さらに1年間有効となる予定です。

本協定は2017年3月31日までを有効とし,更新を行わないことで両機関が同意しました。

協定締結日の様子

前列左から:樋口所長,猿渡筑波大学ビジネスサイエンス系長
後列左から:丸山サービス科学研究センター長,中野統計思考院長,椿副所長

協定書