青山学院大学と研究・教育における連携・協力の推進に関する基本協定書を締結

統計数理研究所は2013年5月28日,青山学院大学と研究・教育における連携・協力の推進に関する基本協定書を締結しました。

この協定は,相互の研究開発能力及び人材等を活かし,実証的研究についての充分な知識と能力を備えた人材の育成に資することを目的として,連携していくもので,NOE形成に係る活動の企画・実施も盛り込まれています。本研究所では,調査科学研究センター及び統計的機械学習研究センターの2NOE型研究組織が中心となって,両機関の研究協力を推進,展開していく予定です。両機関の協力による各研究活動のいっそうの充実が期待されます。

協定書