センターについて

データ同化研究開発センターについて

データ同化研究開発センター長・樋口知之

 気象学や海洋学で産声を上げたデータ同化は、数値シミュレーションと観測・実験データをつなぐための基盤技術として、今やその応用範囲を宇宙科学や生命科学、さらには「ものづくり」の分野にまで広げ、自然科学や社会科学において確固たる地位を築きつつあります。統計数理研究所では、平成14〜18年度の文部科学省研究開発局 新世紀重点研究創生プラン「人・自然・地球共生プロジェクト」、平成16〜21年度の科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業「シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築」、および平成18年度から継続中の京速コンピュータ「京」のための「次世代生命体統合シミュレーションソフトウェアの研究開発」において、データ同化の技術開発および応用研究を実施し、この分野の黎明期から現在に至るまで国内外をリードしてきました。データ同化をさらに大きく発展させるためには、関連する研究領域の縦断的/横断的連携の中で、研究者集団が現在の問題点および将来の方向性についての認識を共有しながら、一つの大きなベクトルとなって動く必要があります。

 この目的を達成するため、本研究所では予測発見戦略研究センター データ同化グループおよび新機軸創発センター 乱数研究グループを発展的に改組し、平成23年1月1日付で「データ同化研究開発センター」を設立しました。時々刻々と入ってくる大量の観測データに基づいた超高次元状態変数の逐次ベイズ推定により、未来予測が可能な次世代シミュレーションモデルを構築することを大目標とし、計算アルゴリズムの開発および超高並列計算機システムへの実装に関する研究開発を実施します。また、統計的シミュレーションで必須となる物理乱数発生法の基礎研究や、モデル構築のヒントおよび研究成果にインパクトを与える可視化ソフトウェアの開発、並列計算機用統計計算プログラムを一般社会へ還元するためのクラウドコンピューティングサービスの提供にも力を注ぎます。さらには、平成22年度に発足した「次世代シミュレーションNOE(Network Of Excellence)」を通じて、データ同化研究を実施している国内外の大学や研究機関と連携体制を取り、研究者同士の交流にも積極的に努めていきます。

 各方面からのご期待に応えられるよう精進してまいります。当センターの今後の活動にご期待下さい。

■センター構成

センター構成