データ同化研究開発センター

気象・海洋データ同化

計算機の発達は、データ同化のような計算集約型の研究を可能にしただけではなく、研究の過程、結果の発表、普及の方法などにも大きな影響を与えてきました。特にフリーの統計解析システムRの影響は大きく、応用研究だけではなく基礎研究にも広く利用されています。本研究所は統計科学のための専用機としては世界でも有数のスーパーコンピュータ群を所有しており、その上でRを効果的に利用することは重要な課題です。複数のシステムそれぞれに対するRの改良、および全体が連携して計算するシステムの構成などを研究しています。

1 |

GridRPCを用いたリモートクラスタ上でのRの利用