NOE形成事業顧問会議を開催いたしました。

 

統計数理研究所(統数研)は,9月24日(月),東京會舘において「NOE (Network Of Excellence)形成事業顧問会議」を開催しました。

統計数理研究所では,NOE形成事業推進に係る様々な指導・助言を受けるべく,各界を代表する顧問を置いています。

2012年1月の改組において,研究所内の5戦略的研究センターすべてをNOE型として分野間知識移転の仕組みが整ったところであり,これまでの各NOE活動に係る概要説明及び今後の活動に資する意見徴集の機会として,本顧問会議を開催しました。

 
説明を行う樋口所長
(右側から)甘利,小柳,佐和,鈴木,田中,真鍋,
吉川,吉田の各顧問

当日は顧問9名中,理化学研究所脳科学総合研究センター特別顧問の甘利俊一氏,神戸大学大学院システム情報工学研究科計算科学専攻特命教授の小柳義夫氏,滋賀大学長の佐和隆光氏,東京大学名誉教授の鈴木基之氏,国際公共政策研究センター理事長の田中直毅氏,青山学院大学総合文化政策学部の真鍋一史氏,科学技術振興機構研究開発戦略センター長の吉川弘之氏,そして日本銀行金融研究所長の吉田知生氏(五十音順)の8名が出席し,統数研からは,樋口所長以下NOE形成事業に係る中心メンバー等10名が説明に当たりました。

顧問の方々からは,それぞれの専門分野,更には分野を超えた大所高所の視点から活発な意見が寄せられ,今後のNOE活動にとって大変有意義な機会となりました。