第62巻(2014年)  −目次−

第1号第2号

第62巻 第1号

《ページ》《 タイトル/著者名 》
特集「疫学研究のデザインとデータ解析:最近の理論的展開と実践」
1-2 「特集 疫学研究のデザインとデータ解析:最近の理論的展開と実践」について
松井 茂之、和泉 志津恵、黒木 学
3-24 位置情報を用いた疫学研究とその統計的方法
高橋 邦彦、和泉 志津恵、竹内 文乃
25-44 ケースコホート研究の理論と統計手法
野間 久史
45-58 統計的因果推論における原因の確率とその評価
黒木 学
59-75 直接効果・間接効果の推定および未測定の交絡に対する感度解析
田栗 正隆
77-92 観察研究におけるバイアスの感度解析
竹内 文乃、野間 久史
93-102 ペアワイズ条件付き尤度を用いた統計解析
藤井 良宜
103-122 欠測データに対するセミパラメトリックな解析法 −その理論的背景について−
逸見 昌之
123-133 分子疫学研究における統計的方法論の展開:がんサブタイプへの取り組み
口羽 文

135-159 金融危機前後の商品先物取引における証拠金不足に起因するリスクの評価
青木 義充

go to the top of this page top of this page

第62巻 第2号

《ページ》《 タイトル/著者名 》
特集「生体高分子の揺らぎとダイナミクス−シミュレーションと実験の統計解析−」
163-170 「特集生体高分子の揺らぎとダイナミクス― シミュレー ションと実験の統計解析―」について
伊庭 幸人、藤崎 弘士、松永 康佑
171-184 相関から眺める生体分子運動の解析
桜庭 俊
185-202 生体分子シミュレーションの摂動解析
小山 洋平
203-220 タンパク質分子の構造ダイナミクス:ウェーブレット変換による解析
鎌田 真由美、戸田 幹人
221-241 生体高分子系の緩和モード解析
高野 宏
243-255 独立成分分析tICAでタンパク質の複雑な運動を解きほぐす
渕上 壮太郎
257-272 1分子計測実験から分子状態を識別する統計的データ解析
岡本 憲二
273-284 カスケード型超並列シミュレーションによるタンパク質構造遷移のパスウェイ探索
西原 泰孝、原田 隆平、北尾 彰朗
285-299 ストリング法によるタンパク質構造変化解析
松永 康佑
301-311 パスサンプリングを使った分子動力学とベイズ推定
藤崎 弘士

313-328 Individual Participant Dataに基づくメタアナリシス
野間 久史

go to the top of this page top of this page