統計数理ロゴ

特集「データマイニングと統計数理」論文募集のお知らせ

★この特集への投稿は締め切りました★

統計数理研究所の和文誌「統計数理」の第56巻第2号(2008年12月発行)に、「データマイニングと統計数理」に関する特集を企画しています。この特集への論文を以下の要領で公募致します。執筆要項については http://www.ism.ac.jp/editsec/toukei-j.html をご覧下さい。

特集の主旨

近年、社会の情報化が進み、我々は多種多様な情報を計算機ネットワークを通じて入手し利用できるようになりました。一方で、生成・収集・蓄積されるデータの量は急激に増加しており、現在では蓄積された膨大なデータをいかに分析し活用するかが課題となっています。その有力な解決策の1つとして、大量のデータに埋没した有益な知識を発掘(マイニング)するデータマイニング 技術が注目されています。この分野の広がりを受け、機械学習の研究も相乗効果的に盛んとなり、また統計科学の有効性と先駆性も昨今あらためて近隣分野から再評価されています。

本特集号では,データマイニングや統計数理に基づく解析を目的とした、理論・手法・技術に関する基礎から応用までを対象とした論文を広く募集いたします。
多くの方のご投稿を期待しております。

オーガナイザー 樋口 知之
対象分野

統計的モデリング/ベイズモデリング/機械学習/確率計算/ 統計数理/データベース/半構造データマイニング/ テキストマイニング/データ可視化インターフェイス/ データマイニング固有技術/メタウェア/ その他データマイニングと統計数理解析に資する研究/

論文の種別 「統計数理」投稿規定をお読み下さい。「原著論文」のほか、「総合報告」「研究ノート」「研究詳解」「統計ソフトウェア」「研究資料」があります。
(注)いずれについても査読者が付きます。
投稿〆切
2007年12月31日
投稿の際には、特集「データマイニングと統計数理」に対する投稿である旨と、論文の種別を明記してください。
掲載予定号 「統計数理」第56巻第2号(2008年12月発行予定)
投稿先 〒106-8569 東京都港区南麻布 4-6-7
情報・システム研究機構
統計数理研究所 編集室
問合せ先 「統計数理」特集『データマイニングと統計数理』 編集委員 樋口 知之
e-mail:higuchiatism.gif
  • この特集の投稿についてご質問がある方は、遠慮なく上記へお問い合わせ下さい。
  • 投稿を予定されている方は早めにお知らせいただければ幸いです。

ya-u.gif

フッター
編集室top English 統計数理top ISM Home Editorial Office