概要

HPCI によるデータ同化スーパーコンピュータシステムの利用

HPCI (High Performance Computing Infrastructure)とは、 「京」を中核として全国の大学や研究所などに設置されている主要なスーパーコンピュータを高速ネットワークで結び、 ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)に対する幅広いニーズに応える計算機環境の実現を目指す取り組みです。
統計数数理研究所はHPCI 資源提供機関として参加しており、HPCI への課題申請によりデータ同化スーパーコンピュータを利用できます。

利用の詳細

  1. HPCI 課題申請

    利用を希望される方はHPCI に課題を申請し、利用研究課題審査委員会での審査を経て利用が可能となります。 詳しくはHPCI ポータルサイトで課題募集のページをご覧下さい。

    データ同化スーパーコンピュータシステムを含む「京」以外のHPCI システム共用計算資源の一般利用は、 原則として年1回の公募課題と、トライアル・ユースのような年間を通じて随時受け付ける課題があります。
  2. 利用(アクセス)方法

    所外からインターネットを経由したネットワークによってスーパーコンピュータを利用することができます。
  3. 利用負担金

    運用はCPU時間等のポイント制で、課題により課金の有無が異なり、金額は弊所における所定の規則(※)によります。
    統計数理研究所統計科学技術センター大規模計算システム利用細則(抜粋)

利用可能なマシン

  • データ同化スーパーコンピュータシステム「A」:SGI UV 2000

pagetop